投稿日:

ここに注意!溶接作業で空調服を着るときの注意点

こんにちは!兵庫県高砂市を拠点に、プラント設備工事のエキスパートとして兵庫県加古川市など県内や近畿全域でご依頼を承っております、株式会社入江総業です。
創業以来、丁寧で安全な施工によりお客様との信頼関係を築いてきました。
猛暑の日々が続く中でもお客様のため、溶接作業を怠ることはできません。
そのような中、最近着用されることが多くなった空調服ですが、溶接現場に適している空調服の選び方と着用時の注意点についてご紹介していきます。

空調服の選び方

溶接工事
溶接の空調服の選び方には2つポイントがあります。
1つ目は、防護服を考慮してサイズを選ぶことです。
大きいサイズの空調服では、防護服が着にくくなります。
袖がある防護服と空調服を重ね着する場合は、できるだけ体にフィットする空調服を選ぶようにしましょう。
2つ目は、熱に弱い生地を避けることです。
ナイロンやポリエステルをはじめ合成繊維は火花が飛び移ると簡単に発火するため、溶接作業には向きません。
溶接の時には、綿やポリコットンなど火に強い生地を選ぶことが大切です。
また、空調服だけでなく、インナーも合成繊維のものは選ばないようにしましょう。
空調服は常に外から空気を取り入れるため、一度インナーに火がついてしまうとすぐ燃え広がってしまいます。
安全に作業を行うためには、2つのポイントを守りましょう。

着用時の注意点

空調服を着用しているときも注意しなければいけないことがあります。
それは、火花から通気口とバッテリーを守ることです。
万が一、通気口に火花が入りインナーに火が移ると、インナーから発火する恐れがあります。
通気口の保護には専用の金属フィルターを取りつけ、火花が中に侵入する可能性を少なくしましょう。
バッテリーは、高温多湿の環境に弱い性質があります。
高温多湿な溶接現場で長時間使用すると、バッテリーの劣化が早まります。
そして、バッテリー内部が高温になれば、最悪の場合発火する可能性も考えられるため、バッテリーにはデバイスバックを利用することでリスクを軽減させましょう。

【求人】溶接工募集中!

パズル
入江総業では一緒に溶接工として働く方を募集しております!
未経験からの転職をお考えの方には、基本的な作業から覚えていただくので安心してださい。
実際の現場で作業を経験していただきながら練習していきます。
皆様からのご応募お待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社入江総業 本社工場
〒676-0033 兵庫県高砂市高砂町材木町1235-2
電話:079-442-4000 FAX:079-442-4001

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

未経験からプラント設備工事のエキスパートに成長

未経験からプラント設備工事のエキスパート…

「プラント設備工事の仕事を始めたい!」そのような方に朗報です! ただいま「株式会社入江総業」では、溶 …

【溶接工の求人】働きやすさ重視の方必見!

【溶接工の求人】働きやすさ重視の方必見!

兵庫県高砂市に拠点を構える株式会社入江総業は、溶接工事で活躍してくれる新しい仲間を求人募集中です! …

facebookページ公開しました

facebookページ公開しました

この度Facebookページを作成・公開しました。 弊社の情報を発信してまいりますのでどうぞよろしく …

求職者のみなさまへ 求人・協力会社募集