投稿日:

未経験者必読!CO2溶接とアーク溶接ってどう違うの?

兵庫県高砂市に本社工場を置き、兵庫県加古川市などで設備メンテナンスや溶接工事を行っております、株式会社入江総業です。
溶接工事未経験の方の中には、「CO2溶接ってなに?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回のコラムでは、アーク溶接との違いを添えて、CO2溶接についてご紹介いたします。
溶接工事に興味をお持ちの方必読の内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

CO2溶接とアーク溶接の違い

溶接の様子
CO2溶接とは、シールドガスに二酸化炭素を使用したアーク溶接のひとつです。
また、炭酸ガスアーク溶接ともいいます。
そのため、CO2溶接とは複数あるアーク溶接の中の一種といえるでしょう。

シールドガスとは?

アーク溶接を行う際に、大気中の酸素や水素・窒素などが溶接個所に触れると、金属が酸化・窒素化し、溶接不良を起こしてしまいます。
溶接不良を減らすためには、アーク溶接を行う際は溶接個所にほかのものが触れないように、シールドガスを使用することが重要です。
また、シールドガスは二酸化炭素以外にも、アルゴンやヘリウムなどの不活性ガスを使用する場合や、複数のガスを混合して使用することもあります。

CO2溶接のメリットデメリット

CO2溶接のメリットは複数あり、一つは単価が安くなることです。
炭酸ガスはほかのガスよりも安価かつ入手しやすいです。
また、炭酸ガスを使用することでアークと化学反応を起こし、二つの間に反発力が働くためアークが細くなります。
アークが細くなることで、熱エネルギーを局部に集めることができます。
CO2溶接は溶接スピードが速く、溶け込みも深くなるため、作業効率が非常にいい溶接方法といえるでしょう。
また、デメリットとしては、二酸化炭素に反応を起こしてしまうアルミのようなものの溶接には向いていないことや、作業中に有毒ガスとなる一酸化炭素が発生することが挙げられます。
有毒ガスと聞くと不安に思われる方もいらっしゃいますよね。
ですが、CO2溶接はしっかりと換気すれば安全に作業を行うことが可能です。
CO2溶接を行う際は素材をきちんと確認し、作業を行う際は必ず換気するようにしましょう。

未経験から溶接工になりませんか?

一緒に頑張ろう
弊社では溶接工を求人募集しています。
経験問わず募集を行っているため、きちんと挨拶ができ、時間を守れる方であれば、未経験であっても挑戦可能です。
「未経験から溶接の技術を身につけたい」
「これまでの経験を生かして働きたい」
という方はぜひ弊社へご応募ください。

協力会社様募集中です

弊社では協力会社様を募集しています。
弊社は和気あいあいとした雰囲気で、人見知りの方も馴染んでいただけるような居心地の良い会社です。
「溶接工事の協力会社を探しているけど、初めてどうしたらいいのか分からない……」
など、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

株式会社入江総業 本社工場
〒676-0033 兵庫県高砂市高砂町材木町1235-2
電話:079-442-4000 FAX:079-442-4001

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

【求人】溶接工事や設備メンテナンスの技術を磨くチャンス!

【求人】溶接工事や設備メンテナンスの技術…

兵庫県高砂市や加古川市を中心に活動する株式会社入江総業では、ただいま溶接工事や設備メンテナンスなどの …

新規スタッフ募集!協力会社も同時募集!

新規スタッフ募集!協力会社も同時募集!

こんにちは!株式会社入江総業です。 弊社は兵庫県高砂市に拠点を置き、兵庫県加古川市や高砂市などで溶接 …

【求職者必見!】アーク溶接・CO2溶接のプロを目指すなら弊社へ!

【求職者必見!】アーク溶接・CO2溶接の…

方々から雪の便りも届き、冷気に身の引き締まる季節となりました。 皆さまはいかがお過ごしでしょうか? …

求職者のみなさまへ 求人・協力会社募集